銀行カードローンとは

銀行カードローンとは、文字通り銀行が取り扱っているローン商品の一種です。
申し込み後には審査が行われて、返済能力ありと認められるとローンカードが発行されて、ATMなどでお金の借入をする仕組みになっています。
なお、銀行によってはキャッシュカード兼用型といって、キャッシュカードにカードローンの機能が付加されているものもあります。

カードローンは銀行だけでなく、いわゆる銀行系カードローンである銀行傘下の貸金業者で取り扱われているものや、銀行の傘下に入っていない消費者金融で取り扱われているものなどがあります。
銀行のカードローンは銀行系や銀行系に該当しない消費者金融などのカードローンとは異なる特徴があります。
総量規制の対象になるのか、最高限度額はほかと比べて高いのか安いのか、金利はほかと比較して高いのか低いのか、審査は厳しいのか甘いのか、借入までの時間は短いのか長いのか、各要素に違いがあるのです。
利用する側としては銀行と銀行以外のカードローンの相違点を十分に理解し、自分に合っているのか確かめた上で申し込みをすることが大切といえるでしょう。

なお、当サイトでは銀行のカードローンと銀行傘下、銀行傘下以外の貸金業者のカードローンの違い(メリット・デメリット)を解説しています。
はじめて申し込みをしようと検討している人にも分かりやすい内容となっていますので、借入の申請をする前にチェックしておくことをおすすめします。
別のところに申し込めば良かったと後悔することを防ぐためにも役立ちます。



<注目サイト>
初めての利用なら無金利で借入ができる銀行系カードローンです … カードローン 無金利